PR

【初心者も安心】モバイルモニターの接続方法をゼロから徹底解説

モバイルモニター 接続方法 モニター知識
※記事内に広告が含まれています。

モバイルモニターを購入予定だから必要なものが知りたい

モバイルモニターを接続できないから接続方法が知りたい

結論、モバイルモニター購入時に付いてくるケーブルで、パソコンとモバイルモニターは接続できます。

ケーブルにつなぐだけで、1分足らずで設定できますよ。

パソコンでのデュアルディスプレイ(2画面)のつなぎ方をメインに解説します。

スマホ(iPhone)やゲーム(Nintendo SwitchやPS5)などの接続方法は、以下の記事をご覧ください。

本記事を読んで実行すると、デュアルディスプレイでパソコン作業ができます。

せっかくモバイルモニターを買ったのに、使えないのは嫌ですよね。

パソコン・モバイルモニターの設定方法から、アームなどの配置方法まで解説します。

モバイルモニターの当ブログを運営している、こーたが説明します。

本記事を読んでも接続できない場合は、以下の記事をご覧ください。

スポンサーリンク

モバイルモニターとパソコンの接続に必要なもの

パソコンとモバイルモニターを接続するには、以下のケーブルが必要です。

パソコンとモバイルモニターの接続に必要なもの
  • HDMIケーブル
  • USB Type-Cケーブル
モバイルモニター ケーブル

モバイルモニターを購入すると、ケーブルも付いてくるので、追加で購入する必要はありません

HDMIの種類

HDMIケーブルは3種類あります。

HDMIコネクタ
(タイプAコネクタ)
ミニHDMIコネクタ
(タイプCコネクタ)
マイクロHDMIコネクタ
(タイプDコネクタ)
(出典:サンワサプライ

上記3つは形やサイズが異なるので、見た目でわかります。

HDMIケーブルの大きさ順
  • 標準HDMI>miniHDMI(ミニHDMI)>microHDMI(マイクロHDMI)

モバイルモニターの端子はminiHDMIが多く、miniHDMI-HDMIケーブルがよく付いています。

miniHDMI-HDMIケーブル

またHDMIケーブルは通信速度(伝送速度)に応じて、4種類あります。

種類対応の解像度通信速度(伝送速度) Gbps
スタンダードFHD4.95
ハイスピード4K10.2
プレミアムハイスピード4K18
ウルトラハイスピード8K48

表の下にいくにつれて、高機能です。

ハイスピード」と記述されているケーブルを購入すれば、モバイルモニターは問題なく動作します。

以下におすすめのHDMIケーブルをご紹介します。

モバイルモニターが標準HDMIであれば、コレ!

モバイルモニターがminiHDMIであれば、コレ!

USB Type-Cの種類

USB Type-Cケーブルは、最大転送速度に応じて11種類あります。

種類最大転送速度映像出力対応
USB 2.0480 Mbps
USB 3.1 Gen 15 Gbps△(ケーブルによる)
USB 3.1 Gen 210 Gbps
USB 3.2 Gen 15 Gbps
USB 3.2 Gen 210 Gbps
USB 3.2 Gen 2×220 Gbps
USB 4 Gen 2×220 Gbps
USB 4 Gen 3×240 Gbps
Thunderbolt 3 パッシブケーブル40 Gbps
Thunderbolt 3 アクティブケーブル40 Gbps
Thunderbolt 440 Gbps
(出典:株式会社アスク

表の下にいくにつれて、最新・高機能です。

USB Type-Cの種類は、見た目ではわかりません。

種類がありすぎてよくわからないよ…

「映像出力」や「ビデオ出力」と記述されているのを購入しましょう。Thunderboltであれば安心です。

映像出力などの信号を伝送する機能を、「オルタネート・モード(Alternate Mode)」といいます。

オルタネート・モードは、USB 3.1から対応していますよ。

以下におすすめのUSB Type-Cケーブルをご紹介します。

ケーブルを追加購入するときの注意点

ケーブルの長さが足りない・無くした場合は、新しく購入しましょう。

新しくケーブルを購入するとき、以下を必ず確認しましょう。

ケーブル購入の注意点
  • モバイルモニター側の端子
  • パソコン側の端子

モバイルモニター側の端子は、mini HDMI接続やUSB Type-C接続が多いです。

USB Type-C接続ができると、ケーブル1本で給電・映像表示ができるので、机がスッキリしますよ。

22EVICIV EVC-1506 mac接続

Amazonなどの購入ページに、モバイルモニターの端子(コネクタ)は必ず記載してあります。

パソコン側の端子は、以下が多いです。

  • MacBook→USB Type-C
  • Windows→標準HDMIが多い

例えば、モバイルモニター側がminiHDMIでパソコン側が標準HDMIの場合、miniHDMI-HDMIケーブルを購入しましょう。

miniHDMI-HDMIケーブル

モバイルモニターとパソコンの端子、映像出力対応かを確認して、ケーブルを購入しましょう。

【モバイルモニター接続方法】パソコン側の設定方法

MacBookでデュアルディスプレイ(2画面)にする場合

ケーブル接続時、モバイルモニター側がパソコンと同じ画面(複製)のときは、以下のとおりに対応しましょう。

システム設定のアプリを開きます。

1システム設定 アイコン

「ディスプレイ」をクリックします。

2設定 ディスプレイ

ディスプレイ設定の上側、モバイルモニター(内蔵ディスプレイじゃない方)をクリックします。

mac デュアルディスプレイ

「使用形態」を「拡張ディスプレイ」に変更します。

以上の操作で、デュアルディスプレイ(2画面)にできますよ。

配置を変更する

「配置…」をクリックします。

3設定 配置

ドラッグ&ドロップでディスプレイを移動させて「完了」をクリックします。

4設定 ディスプレイを配置

動画でも同様に一連の流れを解説します。

モバイルモニターの解像度を変更する

設定アプリからディスプレイを選択し、モバイルモニターをクリックします。

35kksmart NK-135設定

初めは、1128×752の解像度の設定になっています。

すべての解像度を表示をオンにし、好みの解像度を選択します。

数字が大きいほど、文字が小さくなり、映像がきれいになりますよ。

モバイルモニターを拡大・縮小する

上記の解像度の変更で、拡大・縮小を設定します。

解像度が小さいほど拡大、大きいほど縮小されますよ。

モバイルモニターを縦置きにする

mac 縦置き

ディスプレイ設定の下側、「回転」を「90°」または「270°」に変更します。

Windowsでデュアルディスプレイ(2画面)にする場合

右下のwindowsマーク(四角が4つ並んだマーク)をクリック。

2windows 設定

その2つ上の歯車マークを押すことで、windowsの設定が開きます。

3windows システム

設定画面の「システム」→「ディスプレイ」の画面を開きます。

4win1.設定

ディスプレイの設定の下の方、「マルチディスプレイ」の欄の設定を「表示画面を拡張する」に設定します。

5win2.忠告

すると、「ディスプレイの設定を維持しますか?」の警告が出てくるので、「変更の維持ボタンを押します。

これで、サブモニターが付いて、デュアルディスプレイ(2画面)で作業できますよ。

配置を変更する

もし、マウスの移動が変だと感じたら、「ディスプレイ」の設定上部の「ディスプレイの配置を変更する」で変更できます。

6windows ディスプレイ適用

モバイルモニターの解像度を変更する

「ディスプレイの配置を変更する」でモバイルモニター側を選択(色が青)した状態にします。

windows解像度 (1)

ディスプレイの設定の下の方、「拡大縮小とレイアウト」の「ディスプレイの解像度」を設定します。

解像度が2Kや4Kのモバイルモニターは、ココで設定を変更しましょう。

モバイルモニターを拡大・縮小する

windowsモニター選択

「ディスプレイの配置を変更する」でモバイルモニター側を選択(色が青)した状態にします。

windows拡大

ディスプレイの設定の下の方、「拡大縮小とレイアウト」の「テキスト、アプリ、その他項目のサイズを変更する」を設定します。

解像度が2Kや4Kのモバイルモニターで、文字が細かくてズームしたいときにも使えます。

モバイルモニターを縦置きにする

windowsモニター選択

「ディスプレイの配置を変更する」でモバイルモニター側を選択(色が青)した状態にします。

windows縦

ディスプレイの設定の下の方、「拡大縮小とレイアウト」の「画面の向き」を設定します。

【モバイルモニター接続方法】モバイルモニター側の設定

モバイルモニター側の設定は、モバイルモニターに応じて異なります。

モバイルモニター側で設定できる項目は、基本的に以下のとおりです。

モバイルモニター側の設定
  • 明るさ(輝度)
  • コントラスト
  • DCR 
  • シャープネス
  • 色味(色温度など)
  • ブルーライトカット
  • HDR
  • Free Sync
  • 音量

モバイルモニター毎に設定できる項目は異なるので、確認しましょう。

各モバイルモニター背面や側面のボタンで、設定を変更できますよ。

37kksmart NK-135ダイヤルボタン
  • DCR(Dynamic Contrast Ratio)・・・画面に合わせてコントラスト比を自動調整する機能。明暗がはっきりしない映像にメリハリがつく。
  • シャープネス・・・画面内の輪郭の強調レベル。
  • HDR(ハイダイナミックレンジ)・・・明暗差の大きい映像がキレイに見える機能。
  • Free Sync(フリーシンク)・・・画面を安定的に滑らかに動かす機能。ゲームや映像向き。

モバイルモニターの配置方法

モバイルモニターの配置方法は、以下の4とおりです。

モバイルモニター配置方法
  • 通常(横置き、縦置き)
  • アーム
  • スタンド
  • 壁掛け金具

通常(横置き、縦置き)

0kksmart NK-135デュアルディスプレイ

モバイルモニターをそのまま机に置いて配置します。

あらかじめ付属のカバー兼スタンドで、モバイルモニターは自立します。

通常(横置き、縦置き)のメリット
  • お金がかからない
  • モバイルモニターを移動しやすい
通常(横置き、縦置き)のデメリット
  • モニター角度を自由に調整できない
  • 机のスペースをとる

なかにはカバー兼スタンドではなく、モバイルモニターと一体のスタンドが付属している場合があります。

↓下のモバイルモニターは一体型のスタンドです。

一体型のスタンドであれば、モニター角度を自由に調整できますよ。

モバイルモニター初心者やとにかく安く済ませたい方は、モバイルモニターをそのまま机に置くことをおすすめします。

アーム

モニターアームを追加購入して、モバイルモニターを配置します。

机とモニターアーム、モニターアームとモバイルモニターを固定して使用できます。

アームのメリット
  • 高さ方向にモニターを配置できる
  • 姿勢改善
  • モニター角度を自由に調整できる
  • 机のスペースをとらない
アームのデメリット
  • お金がかかる(¥3,000〜20,000)

高い位置にモバイルモニターを配置して姿勢が改善すると、集中力がアップして作業がはかどりますよ。

VESAマウント付きのモニターアームをくわしく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

スタンド

モニタースタンドを追加購入して、モバイルモニターを配置します。

モバイルモニターとスタンドを固定して使用できます。

スタンドのメリット
  • モニター角度を自由に調整できる
  • 机のスペースをとらない
スタンドのデメリット
  • お金がかかる(¥1,000〜4,000)

最初のスタンドに不満のある人や、安い値段でモニター角度を自由に調整したい人におすすめです。

モバイルモニターのスタンドは、モニターを挟んで固定する方式やVESAマウントなどがあります。

モバイルモニタースタンドの固定方法や選び方、おすすめを知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

壁掛け金具

壁掛け金具を追加購入して、モバイルモニターを配置します。

壁掛け金具の使用で、壁にモバイルモニターを固定できます。

↓以下はVESAマウント対応の壁掛け金具です。

壁掛け金具のメリット
  • 高さ方向にモニターを配置できる
  • 姿勢改善
  • モニター角度を自由に調整できる
  • 机のスペースをとらない
壁掛け金具のデメリット
  • 壁に穴を開ける
  • お金がかかる

壁に穴を開けて固定するのが欠点です…しかしスペースの有効活用ができますよ。

VESAマウント付きの壁掛け金具をくわしく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

スマホ(iPhone)などのパソコン以外の接続方法

スマホ(iPhone)やゲーム(Nintendo SwitchやPS5)、Fire TV stickと、モバイルモニターの接続方法が知りたい方は、以下の記事で解説しております。

まとめ:モバイルモニターにあらかじめ付属のケーブルですぐに接続できる!

モバイルモニターとパソコンの接続に必要なもの、パソコン・モバイルモニターの設定、配置方法などを解説しました。

モバイルモニターとパソコンの接続に必要なものは、以下のとおりです。

パソコンとモバイルモニターの接続に必要なもの
  • HDMIケーブル
  • USB Type-Cケーブル

パソコン側の設定は、MacBookWindows毎に解説しました。

モバイルモニター側で設定できる内容は、以下のとおりです。

モバイルモニター側の設定
  • 明るさ(輝度)
  • コントラスト
  • DCR 
  • シャープネス
  • 色味(色温度など)
  • ブルーライトカット
  • HDR
  • Free Sync
  • 音量

モバイルモニターとパソコンを接続して、デュアルディスプレイ(2画面)で快適に作業しましょう。

少しでも参考になれば幸いです。

お読みいただきありがとうございました。

\最大40%以上お得!/

Amazon人気ランキングで上位のモバイルモニターを比較・ランキングにした記事は、以下をご覧ください。

¥10,000ほどで購入できる安いモバイルモニターがほしい人は、以下の記事をご覧ください。