PR

【2024年最新】iPadをHDMI接続で外部モニター化する方法

スポンサーリンク
ipad モニター化 モニター知識
※記事内に広告が含まれています。

iPadを外部モニター化して、switchのモニターとして使いたい!

モバイルモニターはないけど、iPadは家にある。お金はもったいないから、iPadをモバイルモニターのように使いたい!

以下のお悩みを解決いたします。

結論、iPadをモバイルモニター化(外部モニター化)するのに必要なものは、以下のとおりです。

iPadをモニター化するために必要なもの一覧
  • キャプチャーボード(キャプチャーデバイス)
  • HDMIケーブル
  • iPadのアプリ(PadDisplay、Cam X、Camo studio)
  • OS17のiPad

本記事を読むことで、iPadをHDMIで外部モニター化する方法がわかります

iPadをモニター代わりにゲーム(switchなど)を楽しめるようになりますよ。

モバイルモニターの情報をメインに発信している当ブログ「こーたステップ」の運営者であるこーたが解説いたします。

スポンサーリンク

iPadをモニター化!必要なもの一覧

iPadをHDMIでモニター化するのに必要なものは、以下のとおりです。

iPadをモニター化するために必要なもの一覧
  • キャプチャーボード(キャプチャーデバイス)
  • HDMIケーブル
  • iPadのアプリ(PadDisplay、Cam X、Camo studio)
  • OS17のiPad

キャプチャーボード(キャプチャーデバイス)

iPadに接続するデバイス(機械)を購入する必要があります。

iPadをHDMIでモニター化するには、キャプチャーボード(キャプチャーデバイス)を購入しましょう

キャプチャーボード(キャプチャーデバイス)とは、カメラやゲームなどの映像をとりこむデバイス(機械)です。

キャプチャーボードを購入する際は、以下の2点に注意しましょう。

キャプチャーボードの条件
  • USB Type-C to HDMI「USB-C&HDMI変換アダプタ」
  • UVC(USB Video Class)

まず、USB Type-CをHDMIに変換できるアダプタを購入しましょう。

モバイルモニター ケーブル

また、UVC(USB Video Class)に対応しているかの確認も重要です。

UVCとは、直接接続するだけでモニターとして使用できる機能。

Amazonでキャプチャーボードを購入する際は、「キャプチャーボード USB-C HDMI」と検索しましょう。

おすすめはNewluckのUSB-C & HDMI 変換アダプタです。

Amazonの内蔵型TVチューナー・キャプチャーボードランキング1位(2024年1月時点)の商品で安心です。

キャプチャーボードは2,000円程度で購入できますよ。

HDMIケーブル

キャプチャーボードとswitchやパソコンなどの機器を接続するためのHDMIケーブルが必要です。

HDMIケーブルは3種類あります。

HDMIコネクタ(タイプAコネクタ)
ミニHDMIコネクタ(タイプCコネクタ)
マイクロHDMIコネクタ(タイプDコネクタ)

(出典:サンワサプライ

3種類のうち、1番上のHDMIコネクタ(普通のHDMI)を購入しましょう。

ミニHDMIやマイクロHDMIは大きさが異なるので、ご注意ください。

またHDMIケーブルによっては、iPadの外部モニター化に対応していないものがあります。

そのためHDMIを新しく購入する際は、「ハイスピード」と記述のあるものを購入しましょう。

HDMIケーブルは1,000円で購入できるものがほとんどです。

迷ったら、以下のHDMIケーブルがおすすめです。

HDMIケーブルをくわしく知りたい方は、以下の記事をご参照ください。

iPadのアプリ(PadDisplay、Cam X、Camo studio)

iPadをHDMIでモニター化するためのアプリをインストールする必要があります。

以下の3つのアプリのうち、いずれかをインストールしましょう。

PadDisplayCam XCamo studio
アイコンPadDisplayCamXcamo studio
値段無料無料無料

どれも無料アプリで問題なく動作します。

OS 17のiPad

HDMIで外部モニター化(サブモニター化)できるiPadは以下のとおりです。

USB-Type-Cケーブルが接続できるiPadが外部モニター化できます

HDMIでモニター化できるiPad一覧
  • iPad Pro 12.9インチ(第3世代)以降
  • iPad Pro 11インチ(第1世代)以降
  • iPad(第10世代)以降
  • iPad Air(第4世代)以降
  • iPad mini(第6世代)以降

画面のサイズや処理の早さなどで、iPadは種類が異なります。

くわしくはこちらのAppleのサイトをご覧ください。

2023年9月にiPadOS 17がリリースされ、ゲーム機やカメラの映像や音声を入力できるようになりました。

iPadをHDMIでモニター化する際、スタンドがあると便利です。

iPadをモニター化する方法!手順をくわしく解説

以下の2ステップで簡単にiPadを外部モニター化できます。

iPadをHDMIでモニター化する手順
  1. ケーブルをつなぐ
  2. iPadアプリの設定

1. ケーブルをつなぐ

iPad モニター化 接続方法

iPadにキャプチャーボードのUSB Type-C側を、キャプチャーボードのHDMI側にHDMIケーブルを接続させます。

HDMiケーブルをswitchやパソコンに接続します。

2.iPadアプリの設定

前章でお伝えしたiPadのアプリを開いて設定するだけです。

各アプリで設定方法が異なるので、ご注意ください。

iPad モニター化に関するQ&A

HDMIケーブル以外にiPadを外部モニター化する方法はありますか?

Q
HDMIケーブル以外にiPadを外部モニター化する方法はありますか?
A

MacBookのサブモニター化であれば、Sidecar(サイドカー)

現状はHDMIケーブルを付けてiPadをモニター化する方法しかありません(2024年1月時点)。

MacBookのサブモニターとしてiPadを使用する場合のみ、Sidecar(サイドカー)の機能が使えます

iPadに特別なアプリを入れなくても、Sidecarは使用できます。

有線(ケーブルを接続)はもちろん、無線(Bluetooth)でも使用できます。

くわしくはこちらのAppleのサイトをご参照ください。

こちらの当記事でも解説しております。

結局モバイルモニターとiPadどっちがお得?

Q
結局モバイルモニターとiPadどっちがお得?
A

これから買う人や、大きい画面がほしければモバイルモニター。すでにiPadを持っていれば購入しなくてよい!

モバイルモニターは安くて10,000〜20,000円で購入できます。

iPadは普通のiPad(第10世代)で70,000円ほどです。

安い方がほしい方は、モバイルモニターがおすすめですよ。

ゲーム用やパソコンのデュアルディスプレイ(2画面)用がほしいのであれば、モバイルモニターで十分です。

またiPadの画面は大きくて12.9インチなので、12.9インチより大きい画面がほしい方は、モバイルモニターがおすすめですよ。

タブレットもついでにほしいのであれば、iPadがおすすめです。

まとめ:キャプチャーボード(USB-C&HDMI)でiPadをモニター化できる!

iPadをHDMIでモニター化するのに必要なものは以下のとおりです。

iPadをモニター化するために必要なもの一覧
  • キャプチャーボード(キャプチャーデバイス)
  • HDMIケーブル
  • iPadのアプリ(PadDisplay、Cam X、Camo studio)
  • OS17のiPad

iPadをHDMIでモニター化する手順は以下のとおりです。

iPadをHDMIでモニター化する手順
  1. ケーブルをつなぐ
  2. iPadアプリの設定

安く購入するのであれば、楽天カードを発行するのがお得です。

初めて楽天カードを作る方は最大5000ポイント以上もらえます。

時には8000ポイント以上もらえるキャンペーンもあります。

多くポイントがもらえる今始めるべきです!

楽天カード発行でポイントをゲットする!

少しでも参考になれば幸いです。

お読みいただきありがとうございました。

以下の記事では、Amazon人気上位の商品を、ランキング形式でおすすめモバイルモニターとして紹介しております。

¥10,000ほどで購入できるモバイルモニターが知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました